観光と交通観光と交通
周辺のご案内

東伊豆を代表する温泉地、熱川温泉郷は、江戸城の築城で有名な太田道灌が、怪我をいやす猿の湯浴みを見て発見した湯が発祥と伝えられ、
いつ訪れても熱い湯けむりをあげる噴湯や櫓が、温泉地としての雰囲気を盛り上げています。

交通のご案内
電車をご利用の場合

■特急踊り子号を利用して
【東京駅】 → 【伊豆熱川駅】約2時間30分
東京駅 → (JR東海道線) → 熱海駅 → (JR伊東線) → 伊東駅 → (伊豆急行線) → 伊豆熱川駅
■新幹線(こだま)を利用して
【東京駅】 → 【熱海】55分
【名古屋】 → 【熱海】1時間40分
【新大阪】 → 【熱海】3時間
熱海より普通電車で伊豆熱川駅まで約1時間10分

お車をご利用の場合

■東京 → 厚木IC → 小田原 → 熱海 → 伊東 → 伊豆熱川 約3時間
■名古屋 → 沼津IC → 修善寺 → 伊東 → 伊豆熱川 約4時間30分

(C) Yamamomochaya